中小企業、個人事業主の税務・労務・監査・上場支援・相続税など。京都府京都市下京区 / 東京都中央区の公認会計事務所

中小企業経営者様へおすすめの本

おすすめの本一覧

この哲学から日本ははじまる(上・下巻)
「この哲学から日本に復活がはじまる(上・下巻)」
著者 鈴木繁伸/芳村思風
芳村思風の感性論哲学を解りやすく図解説明を行いました。人類の政治・経済・経営・教育などの分野の問題点を、根源から解決する哲学書です。参考に、図解を一部添付しました。口コミだけで8000部売れています。
>> 内容のサンプルを見る (PDFファイル)
>> 購入する (インターネット、電話、FAXで受け付けております。)
和の哲学
「和の実学」著者 大和信春
和の道 繁栄のサイクルをどうしてつくるか、問題解決学など、経営者には必読の書である。日本的経営を学ぶには、これしかない。哲学的思考能力をつける最高の基本書です。
経営戦略の基本
経営戦略の基本
株式会社日本総合研究所 著者 経営戦略研究会
アメリカの経営戦略の考え方を解りやすく解説している。公認会計士・市場関係者・金融機関は、この考え方で経営をみています。科学的思考能力をつける最高の基本書です。
ユダヤ最高の成功ノート
ユダヤ最高の成功ノート 著者 手島佑郎
発行所 イーストプレス
ユダヤ人の頭の中を図解化した絶対必要な考え方が学べます。経営者には、必要です。 哲学的、心理学的、経済学的な見地から解りやすく解説されています。
競争しない競争戦略
競争しない競争戦略 著者 山田英夫
発行所 日本経済新聞出版社
①ニッチ戦略
②不協和戦略
③協調戦略
50社以上の成功例で実践的に解説。中小企業必読の書です。
新しい歴史観の夜明け
新しい歴史観の夜明け 著述 田中正明
「ウォーギルト・インフォメーション・プログラム」の戦略にやられた日本人を、甦らせる日本近代史を見直す最高の図書です。

各章に分けたPDFを下記に掲載しております。どなたでもご自由にお読みいただけます。


1 日本はまさに亡国の危機(序論)
2 「侵略」「侵略戦争」とは何か
3
ニュールンベルグ裁判と東京裁判
4 浅薄な政治家の発言とその反響
5 教科書に記載される誤れる歴史
6 国を亡ぼす反日マスコミ
7 パール博士に学ぼう
8 大航海時代に始まる白人帝国主義の世界制覇
9 アヘン戦争とアロー号事件
10 義和団事件(北清事件)
11 三国干渉とロシアの南侵
12 ロシアの満州・朝鮮進出
13 日英同盟の締結
14 日本の命運を賭けた日露戦争
15 日露戦争の勝利とアジアの覚醒
16 日露戦争の勝利が大東亜戦争の遠因
17 第一次世界大戦とシベリア出兵
18 パリ講和会議と日本提出の人種平等案
19 ワシントン会議
20 アメリカの満州進出への野望
21 アメリカの日本移民排斥と白人主義
22 ソビエトの南下政策とシナの赤化
23 シナ人の残虐性
24 満州事変の背景
25 満州族と漢民族とは民族が違う
26 日支平和を阻む中共軍
27 松井大将と蔣介石の会談
28 蘆溝橋事件の真犯人は誰か
29 米・英の中立条約違反
30 開戦をすでに決意するルーズベルト大統領
31 白紙還元の御諚
32 十一月五日の御前会議
33 ハルノートは事実上の宣戦布告
34 自存自衛のための開戦
35 大東亜戦争と東南アジアの国々(インドネシア篇)
36 大東亜戦争と東南アジアの国々(ビルマ篇)
37 マレーシアからの「忠告」
38 南京事件「虐殺三十万人」は全くの虚構
39 若き同志たちへ
40 田中正明先生主要著作一覧

これらの図書で日本の歴史観の見直しと人生哲学の確立ができて、社員の労働観も回復すると思います。

経営戦略の基本は、アメリカ型の経営戦略を解りやすく述べています。これらを理解すれば、西洋の戦略と東洋の和の実学を学びバランスがとれます。